KUTVニュース

新型コロナオミクロン株 濃厚接触者1人 高知県内宿泊療養施設に

世界で広がりを見せているオミクロン株について、感染が確認された患者の濃厚接触者1人が、健康観察のため高知県内の宿泊療養施設に入っていることが分かりました。

県内の宿泊療養施設に入っているのは、今月6日に国内の空港に到着した海外からの入国者です。同じ飛行機に乗っていた乗客のオミクロン株感染が確認され、濃厚接触者となりました。入国後、政府指定の療養施設で数日過ごし、12日、県内の宿泊療養施設に入りました。入国時とその3日後にPCR検査を受け、陰性が確認されているということですが、今月20日までは2日に一度、検査を受けながら、療養施設で健康観察を続けるということです。県は入国者は県民ではないとしています。

ところで県内では13日も新型コロナの新たな感染は確認されていません。感染確認なしは31日連続です。