KUTVニュース

高知市五台山 “今年最後の紅葉”楽しめます!

高知市では、まだ紅葉を楽しめるスポットがあるんです!今シーズン最後の紅葉を三上アナが取材しました。

「きょうの牧野植物園、青空が広がっていてとっても温かいです。こんこん山広場に来ているんですが、南園に目をやるとあちらには太平洋が輝いて見えます。大きい紅葉している木が!とっても気持ちよくて、久しぶりに深呼吸したくなりました!」

周囲を丘に囲まれた南園は8日の強風の影響を受けておらず、今シーズン最後の紅葉が楽しめます。

「12月でも紅葉を楽しめるのはいいですよね。こうして逆光にして見ると、また一段と色づいて見えます。見る角度によって表情を変えるのも美しいです」(三上萌々アナウンサー)

見ごろは終盤を迎えていますが、週末は1日およそ500人の入園者でにぎわうといいます。

「最近風も強くてなかなか来れなかったんですけど、きょう来たらまだ紅葉も残っててとても楽しみにしてたのでよかったです。子どももすごく喜んでて、紅葉のシーズンは特にいろいろな色の植物が見れるのでそこもすごく楽しいみたいで、いつも牧野植物園に来ると機嫌がいいのですごく助かります。これから冬に向けて寒くなる前なんですけど、ひとときの時間を温かい気持ちになれるような場所だと思う。」(入園者)

「こちらのメタセコイアは水面にゆらゆら反射した光に照らされて、黄色の葉がさらに輝いて見えます!メタセコイアの隣にある立派な立派なヌマスギ!今がちょうど見ごろです。来週以降はどんどん葉が落ちてくるということですが、その時の景色もまた美しいんでしょうね。」(三上萌々アナウンサー)

季節によって変わる草花を楽しめるのが牧野植物園の魅力の1つ。展示館の中庭には、今週からヤマツバキ『土佐有楽』が咲き始めました。これから新年に向けてかわいらしい花でいっぱいになるといい、冬の訪れを感じさせてくれます。竹林寺の参道でも葉が色づき、訪れた人の目を楽しませています。8日の強風で葉が散ってしまった木もありますが、こちらも最後の見ごろを迎えています。

牧野植物園と竹林寺の紅葉は、今週末まで楽しめそうだということです。