KUTVニュース

漫画文化を発信 4コマまんが大賞の作品展

漫画文化の発信を目的に全国から作品を募る4コマまんが大賞の入賞作品や応募作品が高知市で展示されています。

短く・完結に物語が楽しめる4コマ漫画。横山隆一記念まんが館などはまんが王国・土佐を知ってもらおうと、毎年、全国から作品を募集する「4コマまんが大賞」を開いています。今年は42の都道府県から1550点の応募があり、このうち作品展では564点が展示されています。

こちらは一般部門の大賞で東京都の丸山健さんの作品「リモコン操作」。セリフがないにも関わらずストーリーがしっかりと伝わる点が評価されました。

このほか、小学生以下を対象としたジュニア部門では県内からの応募作品すべてが展示されていて、子どもたちならではの絵や発想を楽しむことができます。今年は新型コロナに関する物語は少なく、バラエティーに富んだ作品が集まったということです。

「年末も近いので今年一年こんなことがあったなと感じる作品もあると思いますし、これをヒントに自分も描いてみたいと思うような作品もあったらいいなと思います。」(横山隆一記念まんが館 伊勢脇生花 副館長)

また会場では展示作品の中から来場者の投票で決めるギャラリー賞が設けられています。作品展は高知市のかるぽーとにある横山隆一記念まんが館で今月26日まで開かれています。