KUTVニュース

高知市議会開会 市長「再拡大前提で医療提供体制確保」

高知市議会12月定例会が開会しました。高知市の岡﨑誠也市長は、「新型コロナの感染再拡大を前提に医療提供体制を確保していく」と述べました。

「今後、本市でも感染再拡大の可能性があることを前提に保健所の体制整備を始めとする備えを固めておく必要がある」(高知市 岡﨑誠也市長)

6日に開会した高知市議会12月定例会。岡﨑誠也市長は、新型コロナの新たな対応の目安の判断指標で、「病床の占有率」が重視されることを踏まえ、医療提供体制の確保に取り組むと述べました。また、今後本格化する3回目のワクチン接種に向けて、混乱が生じないよう取り組むと強調しました。

市議会12月定例会では、3回目ワクチンの接種費用など一般会計で4億5千万円の補正予算案などが審議されます。