KUTVニュース

氷点下のところも 2日朝の高知県内冷え込む

寒気の影響で2日朝の高知県内は冷え込み、梼原町と四万十町などでは氷点下となったほか、16の観測地点のうち9つの地点で今季の最低気温を観測しました。

2日朝の県内は梼原で氷点下1.7℃、いの町本川と四万十町窪川で氷点下1.6℃となりました。また高知市で1.9℃、南国市後免で0.7℃など、16の観測地点のうち9つの地点で今季の最低気温を観測しました。

最低気温が1.8℃となった四万十市中村では、四万十川に架かる通称=赤鉄橋で、手袋やマフラーを着けて通勤、通学する人たちの姿が見られました。

「きょうは手袋を…。最近になって急に寒くなってきたので大変です。」

この冷え込みで、高知市では2日朝に初霜と初氷を観測しました。初霜は平年より3日遅く、初氷は平年より8日早い観測となっています。