KUTVニュース

新型コロナ 高知県内で19日連続感染確認なし ワクチン3回目接種始まる

1日、高知県内では新型コロナウイルスの新たな感染は確認されませんでした。「感染確認ゼロ」は19日連続となります。

こうした中、高知市では、医療従事者を対象とした3回目のワクチン接種が始まりました。対象となるのは「2回目の接種から8か月以上が経った人」です。高知市の国立高知病院では、3月ごろに2回目の接種を終えた医師や薬剤師などあわせて6人が接種を受けました。使用されたのは、ファイザー製のワクチンです。

病院は、2日以降も院内の希望者を対象に、3回目の接種を行うことにしていて、別の医療機関の医師や看護師も受け入れるということです。

「3回目で抗体が上がると言われているので期待している。(患者に)安心して来てもらう、職員を守るために必要では。」(国立高知病院 先山正二院長)

高知市では早ければ来年1月にも、65歳以上の高齢者への3回目接種が始まる予定です。