KUTVニュース

高知県日高村の児童たち 紙飛行機づくりに挑戦

高知県日高村の子どもたちが、航空会社の社員と紙飛行機づくりに挑戦しました。

日高特別支援学校の児童がつくっているのは紙飛行機です。日本航空が次世代の育成を目的に全国の小学校などで開いている「折り紙ヒコーキ」教室で、県内では2017年から行われています。きょうは感染防止対策として、客室乗務員がリモートで子どもたちに折り方を教えました。

「(後ろから見たときにYの字)こうすると紙飛行機がよく飛ぶようになります。」(日本航空・客室乗務員 芝真理子さん)

完成した紙飛行機を飛ばす子どもたち。何度もやり直しながら上手く飛ばせる方法を探していました。

「紙飛行機を頑張りました。楽しかったです」

「私は紙飛行機を飛ばして楽しかったです」

「きれいな飛行機ができました。(Q.上手に飛ばせましたか?)はい、楽しかったです」

日本航空は今後も学校から要望があれば、教室を開きたいとしています。