KUTVニュース

部分月食 高知県内でも観測

ご覧いただいているのは高知市の桂浜に設置した情報カメラの月の映像です。

きょう夕方から全国各地で部分月食が観測されています。月食とは月が地球の影の中に入る現象です。今回は月の97.8%が地球の影に隠れる「ほぼほぼ皆既月食」の状態になります。

県内の月の出は午後4時58分。この時点ですでに欠けた状態で東の空にのぼってきました。そして午後6時2分ごろ、各地で月食が最大となりました。月食はこの後、午後7時47分頃まで楽しめそうです。

今回のように全国で月の大部分が隠れる月食が見られたのは1881年12月6日以来140年ぶりの珍しい現象で、次回、「ほぼほぼ皆既月食」を多くの地域で見ることができるのは2086年11月21日になるということです。