KUTVニュース

大手ビールメーカー 四国の環境保全を応援

大手ビールメーカーが、四国の環境保全活動を応援する取り組みを、今年も行うことになりました。

愛媛に大規模なビール工場があるアサヒビールは、2008年から、四国の環境を守るキャンペーンを行っています。今年も、今月24日から販売するビールの売り上げの一部を四国4県に寄付することになり、高知では、仁淀川の清流保全にあてられます。またSDGsの取り組みにも力を入れていて、キャンペーンで行われているプレゼントの当選賞品には、「食べられるコップ」など環境にやさしい商品が採用されています。

「水質保全はビールの製造にとっても非常に大切なところ。四国、高知の自然保護に向けて一人でも多くの方に飲んでいただいてこの取り組みに参加していただきたい」(アサヒビール高知支社 中林圭 支社長)