KUTVニュース

安全安心なまちに! 駐在所にクリスマスツリー

子どもたちの交通安全や犯罪被害防止への意識を高めようと、園児たちがクリスマスツリーに飾りつけをしました。

飾りつけをしたのは高知市の塚ノ原保育園の園児30人です。ツリーを見ることで、子どもたちの交通安全や犯罪被害防止への意識が高まればと高知警察署塚ノ原駐在所が去年から始めました。きょうは「島ちゃん」の愛称で親しまれている駐在所の島田幹広地域主任が道路の正しい渡り方などを呼び掛けたあと、子どもたちが飾りつけた「あんしんあんぜんツリー」が完成しました。

「楽しかった!(交通ルールを)ちゃんと守っていく。」

「ちゃんと見てから渡ってます!信号を見ないで勝手に渡ったらひかれるき。」

「交通量の多いところを通る子どもたちが多いので、道路上での危険な渡り方を注意して話をしました。優しい心で他の人を思いやる心が事故や事件を少なくしていける1つの大きな力になると思っています。」(高知警察署塚ノ原駐在所 島田幹広 地域主任)

塚ノ原駐在所では見守り活動に力を入れるなど地域の人たちとの交流を大切にしていて、「今後も近い距離で皆さんの安全を守っていきたい」としています。