KUTVニュース

龍馬ファンに支えられ 高知県立坂本龍馬記念館 開館30年

30年前の15日に開館した高知市の高知県立坂本龍馬記念館では記念式典が開かれました。大勢の龍馬ファンに支えられた30年。コロナの影響も受けましたが、今後も歴史観光の拠点として役割を果たしていきます。

坂本龍馬の誕生日命日にあわせ、1991年の11月15日に開館した県立坂本龍馬記念館。30周年を記念した式典には濵田知事らおよそ60人が参加し歴代の3人の館長に功績を称えた感謝状が贈られました。

様々な史料で龍馬の生涯を辿ることができる坂本龍馬記念館。開館以来、大勢の龍馬ファンが訪れ、リニューアルオープンした2018年には来館者が400万人を突破しましたが、新型コロナの影響を大きく受けています。

吉村大館長は「国内外に龍馬ファンの輪を広げることで30周年を迎えられた」と話していて、今後も観光の拠点であり続けたいとしています。

これからも歴史文化と歴史観光をさらに広めていく県内の観光地にお客さんをいざなう役割を果たしていく。