KUTVニュース

未来につなぐSDGs 肉の代わりに〇〇!? ご当地バーガー誕生

「気候変動に具体的な対策を」について。環境に配慮したご当地バーガーが高知市で誕生しました。

「高知市の中央公園のすぐそばにあるこちらのハンバーガー店、肉の代わりに『あるもの』を使ったご当地バーガーが食べられるそうなんです。早速行ってみます!」

高知のご当地バーガー「龍馬バーガー」で有名なハンバーガー店「5019 PREMIUM FACTORY」。15日から販売されるのが・・・

「お待たせしました!こちらが新商品のNEXT龍馬バーガーです。」

「ボリューム満点ですね!食欲をそそられます・・・」

ナスやピーマン、トマトなど新鮮な県産の野菜がたっぷり入っています!背が高かったといわれる坂本龍馬をイメージしていて、その高さは、およそ11センチ!

そして、使われている『パティ』が、すべて『大豆』で作られた『代替肉』となっています!

「子どもたちに安全・安心な地球の環境を残してあげたいという一心で、この『代替肉』の事業に取り組んだことがきっかけです」(ネクストミーツ 白井良 取締役会長)

『代替肉』を提供するのは、気候変動問題に取り組む東京のベンチャー企業「ネクストミーツ」。全ての都道府県でご当地の食と『代替肉』のコラボを目指していて、高知が2県目となりました。

大豆でできた肉『大豆ミート』。気になる、味は??

「いただきます!大豆とは思えないくらい肉の食感があります。うま味も感じられて何も知らずに食べたら肉だと思ってしまいます。野菜もシャキシャキでとっても美味しいです!」

世界では一定普及してきた『代替肉』ですが、国内ではまだまだ馴染みがないといいます。白井会長は代替肉の普及で、気候変動を抑制したいと話します。

「肉をつくる過程で、どうしても森林を伐採して土地をつくったり、温室効果ガスがかなり出てしまう。豆からできた肉にしようかなという人がどんどん増えていくと環境負荷を少しずつ抑えていける。地球の未来をできるだけ良くしていきたい。そういう思いで会社皆で走っているので、(代替肉が)こんなに美味しいんだというのを一人でも多くの人に知ってもらい食べていただきたい。」(ネクストミーツ 白井良 取締役会長)

NEXT龍馬バーガーは高知市の「5019 PREMIUM FACTORY」で販売されています。