KUTVニュース

新型コロナ 高知県内10日ぶりに1人感染確認

高知県内で新たに1人の感染が確認されました。県内で感染が確認されたのは今月2日以来、10日ぶりです。

「新たに1人の患者が確認された。感染経路不明の方です。患者が確認されるのは11月2日以来10日ぶり」(県健康政策部 川内敦文 医監)

新たに感染が確認されたのは高知市の50代の男性で、県立高校の教職員です。症状は軽く、感染経路は分かっていません。同居家族と同僚あわせて4人が検査を受け、3人が陰性、同僚1人が検査中だということです。学校は消毒を終えていて、接触者の範囲が特定されていることから臨時休校はしないということです。

「これから気温が下がり乾燥し感染しやすい環境になっているのでマスク着用、手洗い、換気など一般的な感染防止対策は引き続きお願いしたい」(県健康政策部 川内敦文 医監)

累計の患者数は4167人となりました。2人が医療機関に入院していて、1人が宿泊療養施設に入っています。いずれも軽症です。病床の占有率は0.7%となっています。