KUTVニュース

龍馬に感謝!生誕祭前に記念碑を清掃

11月15日の坂本龍馬の誕生日を前に、高知県の有志らによるボランティア団体が、高知市上町にある記念碑の清掃を行いました。

11月15日は坂本龍馬の186回目の誕生日であり、命日です。高知市上町の龍馬記念碑の前では、毎年この日に合わせて商店街などで作る実行委員会が誕生祭を開きます。きょうは誕生祭を新たな気持ちで迎えようと、ボランティア団体=高知中央ロータリークラブに所属するおよそ20人が記念碑の清掃を行いました。

ロータリークラブは、これまでにもはりまや橋の塗り替えをしたり龍馬の生まれたまち記念館にパネルを寄贈したりするなど、県の魅力発信を後押しする取り組みを続けていて、記念碑の清掃は今回が3回目です。

メンバーたちは雑巾を使って記念碑を丁寧に拭き、周辺の看板やイスなど隅々まで清掃していました。

「誕生祭には大勢の方が出席していまして、全国に龍馬のファンも大勢います。改めて感謝の気持ちを込めて清掃して今度の誕生祭を迎えたい。」((高知中央ロータリークラブ 西川英裕会長インタ)

誕生祭は今月15日、高知市上町の記念碑の前で行われ、神事が実施される予定です。