KUTVニュース

高知県高校総合文化祭開幕 高校生の力作一堂に

高校生の日ごろの文化芸術活動の成果を発表する総合文化祭が、高知市で開幕しました。生徒たちのこだわりが詰まった作品が1000点以上集まっています。

「県高等学校総合文化祭」は、優れた作品や舞台を発表する高校生の文化の祭典で、来年夏に開かれる「全国高等学校総合文化祭」への出品作品を選考する場でもあります。今年は、書道や吹奏楽など18の部門に県内49校からおよそ2000人が参加しています。

新型コロナの影響で、ステージでの発表や囲碁・将棋などの対戦競技は、無観客での開催となっていますが、展示部門は、美術・工芸や写真などあわせて1213点の作品がかるぽーとの7階フロアに展示されています。

書道部門は「打倒コロナ」をテーマにした作品も展示され、筆使いから生徒たちの力強い思いが伝わってきます。

こちらは、美術・工芸部門に出品した高知高校の大本真衣さんの作品。新聞紙で着物を細部まで表現していて、こだわりの詰まった作品です。中でも英字新聞を使うことがポイントだと言います。

「グローバル的な観点において、日本の文化である着物と英語の文字で書かれた新聞を使って作品を作ることで、今の社会を写し出せたかなと思っています。」(高知高校 大本真衣さん)

「県高等学校総合文化祭」の展示部門は今月14日まで高知市のかるぽーとで開かれています。