KUTVニュース

秋の景色!紅葉の名所「べふ狭」にぎわう 高知・香美市

高知県内有数の紅葉スポット香美市物部町の「べふ峡」では葉が鮮やかに色づき、大勢の人たちで賑わっています。

「べふ峡初めて来たんですが、山沿いに広がる紅葉は、圧巻ですね!青空とのコントラストもとってもきれいです!鮮やかな紅葉が、太陽の光を浴びるとさらに色づいて見えます。」

県内の紅葉の名所、香美市物部町の「べふ峡」。渓谷の紅葉は、日があたる角度によって様々な表情を見せてくれます。

「吊り橋からの眺めも最高です!橋の下を見てみると・・・美しい清流がみえます。川の音が気持ちいですね。そして上を見上げると、すばらしい景色が広がっています。」

地元の人によりますと、例年は11月中旬に見ごろのピークを迎えますが、今年は先月末に気温がぐっと下がったことで見ごろが10日ほど早くなったと言います。8月の長雨の影響で色づきがあまり良くない葉もあるということですが、秋の風景を一目見ようと連日、大勢の人たちで賑わっています。

「べふ峡に来たらこれを食べる!」という人も多いのではないでしょうか?もみじ茶屋の「そばまんじゅう」です!70年にわたり親しまれてきた店は、スタッフの高齢化で今年から閉店していますが、運営する「べふ峡保勝会」は渓谷の入口付近にある農林漁業体験実習館前で販売しています。きょうも馴染みの味を求めて絶え間なく客が訪れていました。

「あつあつです!甘い粒あんがぎっしり詰まっていて、そば粉100%の生地も素朴でほっとする味です。」

べふ峡の紅葉は今週末まで楽しめそうだということです。