KUTVニュース

高知市の寿司店 「寿司弁当」で医療従事者に感謝

高知市に本店がある寿司店が、新型コロナウイルスの治療や看護にあたる医療従事者に感謝の気持ちを込めて寿司弁当を振る舞いました。

弁当を振舞ったのは高知市に本店がある「おらんく家」です。きょう、高知市の高知赤十字病院で新型コロナの治療や看護にあたる医療従事者に感謝の気持ちを伝えようと、寿司弁当350食を提供しました。

振る舞われた寿司弁当はまぐろやサーモンなど人気のネタを盛り合わせていて、医療従事者に喜んでもらえるよう、工夫を凝らしています。

「この度は、このようなお寿司をご用意していただき、本当にありがたく思っている。地域の皆さまの温かい支援のおかげで日々の診療ができていると思っている。」(医療従事者)

「みんなで美味しくいただきたいと思う。私たちも患者さんたちのために努力していきたい。」(医療従事者)

「外食が僕たち以上に制限されることが早いという声をいただいたので、おらんく家としてできることをして美味しいお寿司を食べていただいて笑顔になって仕事に励んでもらいたい。」(おらんく家 松尾博昭 店長)

おらんく家は今後、高知医療センターの医療従事者にも寿司弁当を提供する予定です。