KUTVニュース

衆院選 高知県内当選者に当選証書

先月31日に投開票が行われた衆院選の当選者に当選証書が手渡されました。高知2区で初当選した尾﨑正直さんは、地方重視の国政に向け「国会で地方を大事する仲間を募っていきたい」と抱負を述べました。

衆議院議員選挙は高知県内2つの小選挙区で、いずれも自民党の候補者が当選しました。きょうは高知1区で11回目の当選を果たした中谷元さんと高知2区で初当選した尾﨑正直さんに当選証書が手渡されました。

「11回目になりますが初当選の時の気持ちに戻って厳粛に受け止めました。県民がどういう思いで投票してくれたのか、何をしてもらいたいのか、改めて深く考えてきょうから全力で仕事して参ります。」(高知1区で当選・中谷元さん)

「改めて有権者の皆様からいただいた付託、その重みを深く感じているところであります。ある意味大変緊張しております。この重みを受けて、しっかりと仕事をしていかなければならない、そういう思いです。」(高知2区で当選・尾﨑正直さん)

尾﨑さんは選挙戦で地方重視の国政を進めると強く訴えてきました。

「まず国会の中において地方を大事にしたい仲間を募っていくことができればなと、首長出身の方もかなり当選されてますし、そういった方々とよく連携していくことができれば。」(高知2区で当選・尾﨑正直さん)

自民・公明両党は今月10日に特別国会を召集する方向で調整を進めています。