KUTVニュース

高知・室戸岬沖で貨物船と漁船が衝突 室戸市の男性死亡

けさ高知県の室戸岬沖で、貨物船と漁船が衝突する事故がありました。漁船は転覆し、船内に取り残された室戸市の男性が死亡しました。

高知海上保安部の調べによりますと、きょう午前6時前、室戸岬の南およそ10キロの海上で、セメント運搬船「碧南丸」(1989トン)と、さんご漁をしていた県漁協室戸岬統括支所所属の漁船「神龍丸」(4.9トン)が衝突し、神龍丸は転覆しました。神龍丸には男性2人が乗っていて、船内に取り残されていた室戸市室津の漁業、山下昭二さん(58)が心肺停止の状態で病院に搬送されましたが、その後死亡が確認されました。また、船底上で救助された乗組員の25歳男性はけがをしていますが、命に別状はないということです。

「碧南丸」は山口県から愛知県に向かう途中で、積荷は空の状態でした。現場海域の天候は晴れ、視界は良好だったといい、高知海上保安部は、業務上過失往来危険および業務上過失致死傷の疑いで「碧南丸」の58歳の船長から事情を聞くなど捜査を進める方針です。