KUTVニュース

軽石 高知県沖でも漂流確認

今年8月、小笠原諸島付近で海底火山が噴火した際に発生したとみられる軽石が、高知県沖の海上でも漂流しているのが確認されました。

第五管区海上保安本部の調べによりますと、先月30日には足摺岬の南およそ150キロの海域で、31日には室戸岬の南およそ210キロの海域で、数10キロの広範囲に渡って軽石が漂流しているのをパトロール中の航空機が発見しました。軽石は先月下旬、沖縄県の漁港に大量に押し寄せ、漁業に影響が出ていました。高知県沖で発見された海域周辺は、自衛隊などが訓練で使用する場所で、今のところ船舶や漁船への被害は確認されていません。県は、漁業関係者や海岸の市町村に対し、発見された海域以外にも軽石が広がっている可能性があることや、軽石を見かけた場合は、避けて航行するよう注意を呼びかけています。

第五管区海上保安本部は今後も航空機による警戒を続けることにしています。