KUTVニュース

乾燥野菜・果物製品 高知県の「防災関連登録製品」に認定

高知県南国市の会社が製造・販売する乾燥させた野菜や果物の製品が、このほど県の「防災関連登録製品」に認定されました。

県が優れた防災製品として認定する「防災関連登録製品」に選ばれたのは、南国市の会社「SLICK」が製造・販売する「高知乾燥野菜ミックス」と「高知乾燥果物ミックス」です。きょう森田直剛社長が、南国市の平山市長に認定を報告しました。製品はこれまで袋に入れて販売されていましたが、おととし、プラスチックボトルを容器として採用。保存期間が3年とこれまでの3倍になりました。災害時に栄養価が高い野菜や果物を摂取できることや、すべて県産の材料を使っていることなどが評価されました。

「元々乾燥野菜・乾燥果物って保存用に作られていたんだ、じゃあ防災食として登録・認定するために頑張ろうとこれに取り組みました。」(SLICK 森田直剛代表)

SLICKは今後自動販売機での販売も視野に入れているということです。