KUTVニュース

高校生のいの町PV制作が大詰め 高知・いの町

高知県いの町の高校生が、地域を元気にしようとよさこいチームと一緒にまちのプロモーション動画を制作しています。来月の公開を目指していて、いま編集作業が大詰めを迎えています。

力強い音楽とともに舞う踊り子たち。今年8月に、プロモーション動画が撮影されたときの様子です。いの町では、自然や食の魅力などを県外や海外にも広めようと、伊野商業高校で映像を学ぶ2年生の14人がメガホンを取り、演出、撮影、編集、すべて生徒たちが主体となって動画を制作しています。

完成に向けて編集作業は大詰めを迎えました。生徒たちは週に4時間という限られた時間で、初めての編集に挑戦しています。

「映像を撮りに行く過程でここを撮っておけばよかったな思うところがたくさん出てきますね・・・映像で撮ってある踊りと音楽を合わせるところがすごく苦労しました。皆で頑張って協力しながらつくっている。」(伊野商業高校2年 片岡明将さん)

きょうは動画に出演している絆国際チームのメンバーも駆け付け、意見を出し合いながらこだわりの詰まった動画に仕上げていきました。

「もう少し詰めたいところがたくさんあるので、いかに期限に間に合わせてかっちりつくるかが勝負だと思う。」(伊野商業高校2年 片岡明将さん)

「あとすこしの編集で完成するのでみんなで頑張っていきたい。」(伊野商業高校2年 椋本静奈さん)

「いの町のいいところを動画で伝えられたら。」(伊野商業高校2年 谷井柚希乃さん)

動画は早ければ来月末に完成しいの町のホームページなどで公開される予定です。