KUTVニュース

都市対抗野球出場の四国銀行野球部にエール

東京ドームを舞台に社会人野球の頂点を決める都市対抗野球のニュースです。2年連続で四国の代表として出場する四国銀行野球部に高知市の岡﨑誠也市長がエールを送りました。

四国銀行野球部は、来月に開幕する都市対抗野球に四国の代表として出場します。2年連続20回目となります。きょうは、大田良継部長、町田明謙副部長、中川毅監督の3人が高知市役所を訪れ、岡崎誠也市長が去年のベスト8進出を踏まえて、「今年も頑張って欲しい」とエールを送りました。そのうえで岡﨑市長は今年のドラフト会議で日本ハムファイターズから3巡目指名を受けた水野達稀選手擁する強豪・香川代表のJR四国を破ったことや、エースの菊池大樹投手の好投を称えました。中川監督は、高知市の旗を受け取ると県民への感謝を語りました。

「野球部員がいろいろな所で(県民の方々に)お世話になっているということは、私も若い頃から感じておりますし、今の選手が野球をやれるのも全て高知県の皆さまが応援してくれているからだと思っております。感謝の気持ちをいい結果で報告できたらなと思っております。」(中川毅監督)

四国銀行は、来月29日に初戦に臨むことになっていて東広島市の伯和ビクトリーズと対戦します。