KUTVニュース

新型コロナ 高知県内で2人感染確認

新型コロナウイルスについてです。高知県内で新たに2人の感染が確認されました。

新たに感染が確認されたのは高知市の10代男性と50代女性の2人です。いずれも軽症で、これまでに感染が確認された患者の濃厚接触者です。このうち10代男性は高知市内の小学校に通う児童で、おととい感染が確認された児童の同級生です。高知市教育委員会によりますと学校はおとといから臨時休校していて、感染防止対策が必要な学年は今月22日まで休みとなるものの、他の学年はあすから授業を再開するということです。また50代女性は高知市の介護施設に勤務していて、同僚2人を検査した結果陰性でしたが、県は施設の入所者11人を接触者として検査する予定です。

県内の感染確認は4145人となりました。14人が医療機関に入院していて重症が1人となっています。病床の占有率は4.8%で、12人が宿泊療養施設に入っています。対応の目安は「警戒」となっていて、県は引き続き基本的な感染防止対策を徹底するようよびかけています。