KUTVニュース

9月高知県議会閉会 コロナ対策 161億円補正予算案可決

高知県議会9月定例会が閉会し、新型コロナ対策を軸とした161億円の補正予算案が可決されました。

県議会9月定例会には、病床や宿泊療養施設を確保する費用や、ワクチンの職域接種の補助費用などを盛り込んだ161億円の補正予算案が提出されていました。きょうは採決が行われ、補正予算案は全会一致で可決されました。閉会のあいさつの中で濵田知事は、社会経済活動の再開を支えていく考えを示しました。

「感染状況は一定の落ち着きを見せております。今後は感染再拡大に向けた備えを固める一方で、社会経済活動の段階的な再開に向けて必要な施策を進めていく必要がある」(濵田省司知事)

具体的には、県内の観光組織に対して補助金を支給し、観光客の誘致を進めていく方針です。