KUTVニュース

「ひきこもり」への理解を 千原ジュニアさんがメッセージ

「ひきこもり」について理解してもらおうと、高知県は啓発動画やポスターなどを作成しました。ひきこもりの経験があるお笑い芸人の千原ジュニアさんが、力や勇気になればとメッセージを送ります。

お笑い芸人の千原ジュニアさん。中学生の時に学校になじめず、ひきこもりになった経験があり、兄のせいじさんからお笑いの世界に誘われたことがきっかけで、ひきこもりから脱け出したといいます。県はひきこもりの人たちやその家族などが相談しやすい環境の整備を進めています。この取り組みの一環で千原さんに協力を依頼し、動画やポスターなどを作成。きょう県庁に千原さんを招いて披露されました。

県の昨年度の調査では、少なくとも700人がひきこもりの状態であることが分かっています。

ポスターやリーフレットは、県内の市町村や医療機関などで配付され、啓発動画は、県地域福祉政策課のホームページで公開されています。