KUTVニュース

ダイコンの種まき地域の食材学ぶ 高知・南国市

6日も高知市と四万十市江川崎で最高気温が30℃を超える真夏日となるなど残暑の厳しい1日でした。南国市の畑では小学生がダイコンの種をまく作業を体験しました。

ダイコンの種まきを体験したのは、南国市の後免野田小学校の2年生35人です。農産物の生産などを行う農業生産法人「南国スタイル」が、地域で栽培するダイコンについて子どもたちに知ってもらおうと8年前から行っています。児童が植えたのは「新八州」という品種の種で、漬け物向きで細長く、首の部分が白いのが特徴です。県内では塩とぬかを使い一年以上漬けた「古漬けたくあん」として日曜市などで販売されています。青空のもと児童たちは等間隔で作った畝の穴に種を数えて入れたり、種まき機を使ったりして、丁寧に植えていました。

「種を優しく植えるのが難しかった。大きくなって立派になってほしい。」
「楽しかったです。種が小さいから、取るのが難しかった。」
「大きくなって美味しくなってほしい。」(児童)

体験を終えた児童からは、収穫を待ちきれないといった声が聞かれました。

「ダイコンは種を植えてから何か月で大きくなるの?」(児童)
「今まいたら、1月の中旬~下旬くらいには収穫できるサイズになるかな。」(農家)

南国市ではかつて漬物用ダイコンの生産が盛んでしたが、高齢化などにより生産者の数は年々減少。南国スタイルがその伝統を受け継いでいて、今後も子どもたちに「地域の食材の大切さ」を伝えたいといいます。

「生産しているダイコンが漬物用のダイコンで、漬物自体が産業として消費が伸び悩んでいるが、自分たちが食べる野菜を種まきと収穫を通じて自分たちが育てることで、食べ物の大切さを学んでほしい。」(南国スタイル 中村文隆専務)

南国スタイルはダイコンのサイズを見ながら栽培を続け、年末か年始に子どもたちと一緒に収穫する予定だということです。