KUTVニュース

高知市帯屋町 銀座の高級食パン店来週オープンへ

食パン一本が864円!コロナ禍で人気が高まる高級食パンの店が、来週、高知市にオープンします。

のれんに大きく書かれた「食パン」の文字。今月6日、高知市帯屋町にオープンする「銀座 に志かわ」です。

「こちらが水にこだわる高級食パンです」

メニューはこちらの食パンのみ。一本864円と少し値が張りますが、コロナ禍で高級食パンがブームとなる中、全国に100店舗以上を 展開している人気の店です。

「パンを作る仕込み水にアルカリイオン水を使うことで耳も柔らかく食べられる口に入れたら上品な甘さが口に広がる食パンになっています」(銀座に志かわ 髙橋仁志社長)

独自に開発したアルカリイオン水を使ってつくることで、小麦粉やバターなど素材のうまみを引き出せるといいます。

「甘い!そのままでも食べられる。ケーキのようにふわふわでおいしい!」

この高級食パン、店ではそのまま食べるだけでなく、様々な食べ方を提案しています。

「噛んだ時に米の甘さに似ている。和の惣菜と合うと思うので酒盗なんかもパンの上に乗せて食べてもらうと合うと思う。さらに高知は日本酒もある、日本酒と食パンという食べ合わせで食べていただきたい」(銀座に志かわ 髙橋仁志社長)

酒にも合うという水にこだわった高級食パン。店のオープンは今月6日で、電話やインターネットでも予約を受け付けているということです。