KUTVニュース

新型コロナ 高知県内で3人感染確認 ワクチン2回接種済みの高齢者も

高知県内で新たに3人の感染が確認されました。このうち2人はワクチンを2回接種済みの高齢者で、県は接種後も気を緩めず、感染対策をとるよう呼びかけています。

新たに感染が確認されたのは、いずれも高知市の、20代男性、70代男性、80代女性のあわせて3人です。いずれも軽症で、3人とも感染経路がわかっていません。このうち70代の男性と80代の女性は、ワクチンを2回接種済みだということです。県は、「ワクチンを2回接種しても感染する可能性は十分にある」として、ワクチン接種後も気を緩めずマスクや手洗い、うがいなど基本的な感染防止対策を徹底するよう呼び掛けています。

県内での感染確認は4101人となりました。医療機関に入院しているのは13人で、重症は1人、中等症は2人、病床の占有率は4.5%です。宿泊療養施設には27人が入っていて、1人が入院調整中です。