KUTVニュース

新型コロナ4人の感染確認 会食4人以下2時間以内は9月末まで

高知県はきょう開催した新型コロナの対策本部会議で、会食についての呼びかけを、10月1日から「可能な範囲での規模縮小、時間短縮」とすることを決めました。

9月いっぱいは、「4人以下、2時間以内」という依頼を継続します。感染状況が一定落ち着いていることから制限を緩和した形です。

「具体的な人数の基準を定めないということではあるが、一気に大人数の会食をやってということではない。病み上がりのような状況。制約の緩和は徐々に行っていくことが肝要」(濵田知事)

濱田知事は会食のほかに、他県との往来について、感染が落ち着いている地域、普段から接している仲間となどと呼びかけました。また、10月1日から県民の県内旅行を割引する、「高知観光トク割キャンペーン」と交通費用を助成する「高知観光リカバリーキャンペーン」を再開するということです。

県内ではきょう10代から80代までの男女あわせて4人の感染が確認されました。このうち1人が中等症で、4人全員の感染経路が分かっていません。

県内の感染確認は4091人となりました。11人が医療機関に入院していて、重症が1人、中等症が2人です。病床の占有率は3.8%となっています。