KUTVニュース

自転車運転の高齢者が重体 高知・四万十市

きのう夕方、高知県四万十市で乗用車と自転車が衝突する事故があり、自転車を運転していた高齢者が頭を強く打つなどして意識不明の重体となっています。

事故があったのは、四万十市中村大橋通=国道439号の信号機のある交差点です。中村警察署の調べによりますと、きのう午後6時前、西に向かっていた乗用車と南に向かっていた自転車が衝突しました。この事故で、自転車を運転していた四万十市中村の南勇さん(80)が頭を強く打つなどして、病院に運ばれましたが、意識不明の重体となっています。現場は信号機のある交差点で、事故が発生した時間帯は交通量が多かったということです。

警察は当時の信号機の状況や、防犯カメラの映像を解析するなどして原因を調べています。