KUTVニュース

新型コロナ 高知県内で新たに10人感染確認

新型コロナウイルスについて高知県内で新たに10人の感染が確認されました。須崎市では船員5人の感染が確認され、合わせて9人のクラスターとなっています。

新たに感染が確認されたのは10代から70代までの男女10人です。全員軽症で1人の感染経路が分かっていません。市町村別では須崎市が5人、高知市が3人、いの町が2人です。年代別では20代が6人、10代、40代、50代、70代がそれぞれ1人となっています。須崎市の会社の寮では船員5人の感染が確認され、これまでに感染が確認された4人と合わせ、9人のクラスターとなりました。一度検査で陰性となった他の船員の中にも症状がある人がいるため、15人が再検査を受けています。

県内の感染確認は4078人となりました。25人が医療機関に入院していて、重症が1人、中等症が3人となっています。病床の占有率は8.6%となっています。宿泊療養施設には33人が入っていて、10人が入院調整中です。