KUTVニュース

高知県 新型コロナ対応ステージ「警戒」に引き下げ

高知県内では今月16日から22日までの1週間の感染確認が50人と前の週に比べ100人ほど減少しています。これを受け県は対策本部会議を開き、対応ステージを「特別警戒」から「警戒」に引き下げました。

高知市の飲食店などに出している営業時短要請は今月26日で終了します。また、高知市で実施する県主催の集客イベントの原則中止・延期、高知城・坂本龍馬記念館など県立の屋内施設などの休館も今月26日で終了します。県立学校の部活動については平日は2時間程度まで、休日は3時間程度までとします。一方、会食については4人以下のグループで2時間以内とするよう求めています。

「今回の第5波に対応した感染の収束に向けた道筋がようやく見えつつある状況にあると考えます。ただ、県内の感染状況は文字通り『警戒』を要するレベルであり、まだまだ予断を許さない訳であります。県民の皆様には感染が拡大している地域との往来は極力控えていただくように改めてお願いしたいと思いますし、基本的な感染防止対策の徹底も引き続きお願いいたしまして私からのメッセージとさせていただきます。」(濵田知事)