KUTVニュース

海保と消防 水難事故想定し訓練 高知・土佐清水市

海の事故に備え、高知県土佐清水市で、海上保安部と消防の潜水士が合同で訓練を行いました。

今年、県内では大月町でダイビングをしていた人が死亡する事故が2件起き、2人が死亡しています。この事故を受け、土佐清水海上保安署は、消防の潜水士と合同で潜水訓練を行いました。潜水士たちはドルフィンキックだけで泳いだり、垂直に素潜りをしたりするなど基本的な動きを確認。さらに海の中に設定した障害物の中を抜け、行方が分からなくなった人の捜索をしました。   

「潜水には特殊な技能が必要になりますので、それぞれに得意分野があるのでお互いに高め合えたらと思います。」(土佐清水海上保安署 眞野義久次長)

きょうの訓練には民間事業者のダイバーも参加。これまでに起きた事故の傾向や対策について説明を受けた後、実際に海に潜って訓練を見学し、海の安全を守る意識を新たにしていました。