KUTVニュース

コロナ収束願い 「林邸」ライトアップ 高知・宿毛市

昨夜、高知県宿毛市の「まちのえき 林邸」で竹の灯籠や手作りのキャンドルなどが灯され、幻想的な空間が広がりました。

「宿毛まちのえき 林邸」は例年、イベントで使われた竹灯篭などを使って敷地内をライトアップしています。今年は新型コロナの収束を願い、“秋宵のあかり”と題して行われています。昨夜は正面の入り口近くに木材で組んだドームが設置されました。中にはヒノキを薄く削ってグラスに巻きつけた手作りキャンドルが並べられ、集まった親子が火を灯していました。ほかにも、中庭には竹の表面に模様をくり貫いた灯籠が立てられたほか、芝生には色が変化していく発光ダイオードを入れた箱が並べられました。

「幻想的で美しいです。温かみがあって…。」

林邸のカフェは夜8時まで営業され幻想的な雰囲気に包まれました。