KUTVニュース

女子フットサル日本一 トリムカップ10年ぶり高知開催へ

女子フットサル日本一を決めるトリムカップが10年ぶりに高知で開催されることになりました。

トリムカップは日本フットサル連盟が、女子フットサルの競技人口の拡大を目的に年に1度開いています。大会は南国市で西日本大会が行われていたことを背景に、2009年に高知でスタートし、2012年からは他県でも開催されるようになりました。去年は新型コロナの影響で岡山での大会が中止となりましたが、2011年以来、10年ぶりに高知で開かれます。

「高知県では2009年の第一回大会から2011年まで3年間開催しており、全国女子フットサル大会の歴史を作ってきた地域。再びこの地で開催できることを大変うれしく思っております。」(日本フットサル連盟 大立目佳久会長)

9月から10月にかけて行われる地域予選を勝ち抜いた12チームが大会に出場しますが、高知は開催地枠としてすでに出場が決まっています。

これまで一度も決勝ラウンドに進めていない県選抜チーム。高知市出身で県リーグJogadaに所属する吉川美登選手は大会を通して高知を盛り上げたいと意気込みます。

「地元でできることがうれしい。一生懸命伝わるようなプレーをしてフットサルの楽しさを知ってもらって女子フットサルの競技人口を増やしたい。」(Jogada所属 吉川美登選手)

トリムカップは11月19日から3日間春野運動公園体育館で開かれます。リーグ戦を勝ち抜いた上位4チームが決勝トーナメントで日本一を争います。