KUTVニュース

高知県内累計で4000人超える 新型コロナ14人感染確認

高知県内では新たに14人の感染が確認されました。

新たに感染が確認されたのは、10歳未満から60代までの男女14人で、全員軽症です。このうち11人は家庭内感染で残る3人の感染経路がわかっていません。市町村別では、高知市が12人、室戸市と香美市が1人です。年代別では、10歳未満が5人、10代が1人、30代と40代がそれぞれ3人、50代と60代がそれぞれ1人ずつとなっています。きのう園児55人が検査の対象となっていた高知市の保育園では、新たに園児3人の感染が確認されました。このうち2人は家庭内での感染とみられています。県は、「新規の患者は減少し感染状況は改善しているものの、経路不明の市中感染もある」とし、感染防止対策を継続するよう呼びかけています。

県内の感染確認は4001人となりました。医療機関に入院している人は63人で、重症が6人、中等症が7人です。病床の使用率は21.6%で、95人が自宅療養または自宅待機となっています。