KUTVニュース

全国知事会 濵田知事「今は我慢の時期」協力呼びかけ

緊急事態宣言などの延長を受け、全国の知事が医療体制の強化など国に求める提言について話し合いました。

オンラインで開かれた全国の知事による新型コロナの緊急対策本部会議では、医療体制の強化や地域経済への支援など、国に求める「緊急提言」の内容が議論されました。新たにワクチンリーダーとなった高知県の濵田省司知事は、3回以上ワクチンを打つ「ブースター接種」などワクチンのさらなる活用や接種証明書の利用についての検討などを進めてほしい考えを述べました。また、濵田知事は「今は県内でもワクチン接種を進め、新型コロナの収束に向けた我慢の時期」として協力を呼びかけました。

「今しばらく、少なくともこの2週間は『非常事態』の期間として辛抱・協力を県民の皆さまに呼びかけたい。」(濵田知事)