KUTVニュース

二十四節季“白露” 赤トンボに感じる秋

高知県四万十市のトンボ自然公園では赤トンボの仲間が活動しています。

公園の山道沿いで羊歯の枝に止まっているのは顔の模様から「マユタテアカネ」と 呼ばれる赤トンボの仲間です。初夏に羽化して8月下旬から11月にかけて産卵する秋のトンボです。

トンボ自然公園ではおよそ90種類のトンボの生息が確認されていて今の時期はほかにも「ヒメアカネ」や「リスアカネ」なども活動するといいます。

きょうは二十四節気の一つ、水蒸気が冷やされて露がつき始めるころとされる「白露」です。今朝の最低気温は本川で16.9℃、梼原で17.5℃などとなりました。