KUTVニュース

新型コロナ 高知県内で74人感染確認 宿泊療養施設に『侵入者』も

新たに74人の感染が確認されました。

新たに感染が確認されたのは10歳未満から80代までの男女74人です。このうち22人の感染経路が分かっていません。市町村別では高知市が63人、香南市が5人、南国市が3人などとなっています。年代別では10代以下が19人、20代が23人、30代が7人、40代が13人、50代が9人、60代以上が3人です。

ところで、今月1日の深夜、宿泊療養施設に入っている10代の男性の部屋に、友人と見られる20代の男性が外部から侵入したということです。侵入した男性は「関係者」と話し、警備員を無視して施設に入ったということです。男性が侵入した部屋からは大きな物音などはしなかったため、スタッフと県は、事件性の恐れは低いと考え、警察に相談したうえで翌朝まで状況をみたということです。侵入した男性は「友人に会いに来た」と話していたということで、自身も濃厚接触者になったということです。宿泊療養施設の中には、対象となった患者以外入ることはできません。県は今後、施設を訪れた人の確認を徹底する方針です。

県内の感染確認は3656人となりました。医療機関には98人が入院しています。重症は4人中等症は28人で病床占有率は41.9%です。宿泊療養施設には131人が入っていて、392人が自宅療養、自宅待機をしています。