KUTVニュース

高知市 自宅療養者の支援を強化

「日々、人数は動いているが(高知市では)300人から400人が自宅療養。今、体制的にはスキーム(枠組み)が組みあがった状況」(高知市 岡﨑誠也市長)

高知市の岡﨑誠也市長は、「自宅療養者への支援体制を強化した」と発表しました。

入院の必要性を判断するために血液中の酸素濃度を測る「パルスオキシメーター」の貸し出し対象を基礎疾患がある人から自宅療養者全員に拡大したほか、「緊急性がある場合」のみ実施していた食料や日用品などの発送を希望した患者全員に行っているということです。

ところで、今月10日に開会する9月市議会については一般会計で24億4千万円の補正予算案を提出すると発表、このうちの10億円あまりが、新型コロナ対策費となっています。