KUTVニュース

高知県内の有効求人倍率 8か月連続1倍超え

高知県内の先月の有効求人倍率は8か月連続で1倍を超えました。高知労働局は「持ち直している」としながらも、引き続き新型コロナの影響に注意が必要だとしています。

高知労働局によりますと今年7月の有効求人倍率は1.06倍で、8か月連続で1倍を超えました。新規の求人数は5018人となっています。産業別にみると、卸売業、小売業など3つの業種が、前の年より減少した一方、宿泊業、生活関連サービス業など9つの業種は増加していて、高知労働局は「一部に弱さがみられるものの、持ち直している」としています。