KUTVニュース

休校想定したオンライン授業の研修

新型コロナの感染が拡大し一斉休校になった場合に備え、高知市の中学校でオンライン授業の研修が行われました。

研修が行われたのは高知市の城東中学校です。城東中学校ではこれまでにも一部の生徒を対象に校舎内の別室でオンライン授業を行ったことがあり、通常の授業の中でもタブレットを積極的に活用しています。きょうは、感染拡大により一斉休校になった場合に備えた研修が行われ、参加した教員は教科ごとのグループに分かれ、授業の一連の流れを確認していました。オンライン授業は、一方的な講義になりやすいという課題があります。このため、生徒が自宅にいるからこそできるリサーチを促したり、チャット機能を活用するなど、双方向の授業を行うための方策を探っていました。

「やっぱり調べたりっていうのが普通の授業の時よりもやりやすいなって思います。家庭科だったら服持ってきてとかやってみたんですけどお家にいるからできるってことがオンライン授業ではできるかなと思います。」(参加した教員)

城東中学校では2学期以降、オンライン授業に備えて生徒にタブレットの操作の授業も行うということです。