KUTVニュース

「まん延防止」ひろめ市場からは「戸惑い」

現在、高知市のひろめ市場は、午後7時までに、酒類の提供を終了し営業時間を午後8時までに短縮しています。あさってからのまん延防止の適用に伴い県から酒類の提供停止が要請されれば応じる方針です。ただ、酒類が提供できないことを理由にあさってからの休業を決めたという店も出てきているといいます。

「酒の販売がない状態というのは 初めての経験ですから、そういう状態でも客が来るか全くわからない」(ひろめ市場 百田昭夫施設管理部長)

ひろめ市場は、これまで、緊急事態宣言の期間中は、休館しました。「まん延防止」の期間中の対応については検討中だということです。

「ひろめは飲食店が多いが物販の店もある。飲食、物販の店の両方の了解を得ないとひろめ市場全体の休館は決断できない」(ひろめ市場 百田昭夫施設管理部長)