KUTVニュース

新型コロナ 高知県内で新たに78人の感染確認

新型コロナについて新たに78人の感染が確認されました。32人の感染経路が分かっていません。

新たに感染が確認されたのは10歳未満から90代までの男女78人です。感染経路が分かっていないのは32人で、全員、軽症だということです。保健所別には、高知市が56人、安芸が4人、中央東が12人、中央西が3人、幡多が3人となっています。県外からの帰省がきっかけになっているケースや、10人以上でのバーベキューで感染が広がったとみられるケースがあります。

また、県内の70代の男性がファイザー製のワクチンを接種後、死亡したことも分かりました。男性は基礎疾患があったということです。これで接種後に死亡した人は12人となりました。

県内の感染確認は2597人となり、95人が医療機関に入院。宿泊療養施設には178人が入っていて、100人が自宅で調整中の状態です。