KUTVニュース

8月21日から飲食店の時短要請へ 新型コロナ過去最多の64人感染確認

「かつてない、異次元の感染拡大、市中のまん延が相当進んでいると考えざるを得ない状況」(濵田省司知事)

新型コロナについて、高知県内ではきょう過去最多となる64人の感染が確認されました。濵田知事はきょうの会見で「深刻な事態だ」と危機感を示しました。

感染が確認されたのは10歳未満から80代までの男女64人で、1日あたりの人数としては、きのうの40人を上回り、2日連続で過去最多を更新しました。64人のうち1人が中等症で、63人は軽症です。感染経路がわかっていないのは、およそ半数の30人です。夏休みやお盆休み中の県外からの帰省に伴う家庭内での感染や、職場の同僚との飲食の場での感染もみられます。

「飲食店の営業時間の短縮の協力要請について、不可避の要素として検討せざるを得ないという認識。今週の土曜日21日から時間短縮をお願いする方向。高知市に加えて南国市、香南市に対象をしぼる必要がある」(濵田知事)

営業時間短縮要請は、あす正式に決定する見込みです。対応の目安については、療養者数、直近7日間の感染者数が「非常事態」の指標となってますが、県は「病床占有率を重視する」として、「特別警戒」に据え置きました。

県内の感染確認は2439人となり、73人が医療機関に入院しています。重症の患者は4人、中等症の患者は8人で病床の占有率は42.5%となっています。