KUTVニュース

子どもたち 「速く走りたーい!」 高知・南国市

高知県南国市で、小中学生が、足が速くなる技を学びました。講師は、ビーチフラッグス世界2位の経験を持つ、和田賢一さんです。和田さんは、速く走るポイントは、走り方を「ランニング」から「スプリント」に変えることだといいます。

「スプリントは、足が着いた時には次の1歩の準備ができている。これをどんどん繰り返す。これを行うためにいちばん大事なのは、空中で足を入れ替えること。」(走りの学校 和田賢一校長)

子どもたちは、足を高く上げて弾ませながら、走ることの楽しさを感じていました。

「足が速くなって運動会で1位を取りたい。」

「練習して夏休みの終わりには、みんなでかけっこして1位を取りたい。」

「足が速くなるという成功体験を通じて、自分に自信を持ってほしい。走ることだけでなく、さかあがり、算数、国語、体育…自分がやりたいことに全力でチャレンジしてほしい。」(和田さん)

夏休み中の子どもたちの貴重な体験は、大切な思い出の1ページに刻まれたようです。