KUTVニュース

3大学と高専で職場接種スタート

高知大学医学部付属病院で高知大学、県立大学、高知工科大学、高知高専の学生・教職員らおよそ1万1000人を対象とした職場接種が始まりました。

本来は、先月下旬から行われる予定でしたがモデルナ製ワクチンの供給量が不安定となった影響でスケジュールが2週間ほど遅れました。

「想像していたより痛くなかったので思ったより気楽にできました。やっぱり早い収束を願って接種しました。」

「集団免疫を獲得して早くマスクを外して学校生活を楽しみたいと思ったから接種しました。早く友達に会って対面授業ができることが楽しみです。」

今回の職場接種では、高知大学の希望者を済ませたあと、10月以降に、県立大学、高知工科大学、高知高専の希望者に接種を開始する予定です。