KUTVニュース

高知市 モデルナワクチン集団接種スタート

高知市では働く世代にも積極的に接種を受けてもらおうと、おとといから新たに「高知市役所南別館」で集団接種を始めました。ワクチンはモデルナ製で対象は小中学生を除く、高知市在住の接種券を持つ人です。1日900人を想定していて、この枠が埋まらなかった場合は、条件がクリアできず職場接種を断念した企業や団体に所属する人も受け入れるということです。

「平日だとなかなか来にくいので土日にやっていただけるのはありがたい。ワクチンうてば、かからない、うつらないわけではないので安心するわけにはいかないが、早めにうてるのは安心感ある。」
「思ったより全然痛くなくて安心しました。後で腫れるのかなと不安だが経過を見たいと思う。かかりつけがないのでどこで受けるか悩んでいたが集団接種があってよかった。」(接種受けた人)

集団接種は、今年11月まで毎週土曜と日曜に行われ、高知市は「平日、仕事などで接種が難しい人たちは積極的にこの集団接種を利用してほしい」としています。