KUTVニュース

高知県須崎市と中土佐町 税金の一部をATMで納付可能に

高知県須崎市と中土佐町で一部の税金をATMで納付できるようになりました。データは自動で管理されるため、職員の作業の負担が大幅に軽減されるということです。

須崎市と中土佐町が導入したのは、高知信用金庫が開発した「DX公金支援システム」です。住民税や固定資産税などがATMで納められるようになり、バーコードでの支払いに対応した金融業界初のシステムです。コンビニや金融機関の窓口で支払われた税金の書類は、自治体の職員が手作業でパソコンに入力していますが、このシステムでは、納税のデータがインターネットを介してパソコンに反映されるため作業の負担が大幅に軽減できるといいます。

「県下の公金・税がそれぞれ好きなところで納められるようになれば一番いい。各市町村に協力してもらって、みなさんがATMで収納ができるようにしてもらえれば。」(高知信用金庫 山﨑久留美理事長)

サービスは中土佐町ではきょうから、須崎市では今月10日から利用できます。